• HOME
  • 入れ歯名人の特徴
  • 治療費用
  • 院長紹介
  • 医院概要・アクセス

入れ歯以外の選択肢

インプラントという選択肢

これまで、歯を失ってしまった場合の治療法は入れ歯が主流でしたが、近年ではインプラント治療の技術が発達しています。インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上から人工歯を被せる治療法です。

歯を失ったときに、「入れ歯」と「インプラント」のどちらを選ぶかは患者様の自由です。どちらを選べば生活をより快適にすることができるのか、それぞれのメリット・デメリットを理解し、しっかり考慮したうえで選択しましょう。

超高齢化社会における選択肢

現在、日本は世界有数の「超高齢社会」に突入しています。年齢を重ねるほどに歯の健康を維持し続けるのは困難になり、80歳以上の方のほとんどは7~8本しか自分の歯が残っていないのが現状です。

多くの歯を失ってしまい、噛めない状態になった場合、患者様には、「歯が抜けたまま一生を終える」「インプラントにする」「入れ歯にする」という選択しか残されていません。食事や会話を楽しみながら快適に暮らしていきたいのであれば、選択肢は「インプラント」か「入れ歯」しかありません。

最新の治療法である「インプラント」と従来の治療の「入れ歯」――どちらが患者様にとって最適なのかは一概に申し上げることはできません。まずは、それぞれの条件やメリット・デメリットなどをしっかり理解することからはじめましょう。

インプラント治療のための5つの必須項目

インプラント治療を受けるためには、下記の5つを満たしていること(納得していること)が必要です。

上記を満たさない、あるいは納得できず、インプラント治療を受けない場合、歯がない状態で暮らしていきますか?入れ歯治療で歯を補うのが賢明な選択ではないでしょうか。

入れ歯という選択肢

入れ歯には、大きく分類して保険の入れ歯と自費の入れ歯の2種類があります。より快適な入れ歯を求める場合、「よい材料」と「入れ歯づくりの理論や技術」の両面が揃っていることが大切です。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

保険の入れ歯と自費(保険外)の入れ歯を比較すると、次のような違いがあります。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
違和感
しゃべりやすさ ○ (薄くて丈夫なため)
食べ物の味
温度感覚
破折しにくさ
設計のよさ ○(安定するので、装着後の痛みがなく快適)
顎そのものの吸収 ○(なくなる)
肺炎、カンジタ症などについての清潔さ
丈夫さ
見た目
愛着度
(例えば、白金と金との合金の貴金属などといった貴重な素材でつくった入れ歯は愛着も湧き大変大事にするため長持ちする)

当院の入れ歯治療

京都の「鞍馬口歯科医院」では、歯科医師と患者様とがお互いに信頼し、協力し合いながら、長期間にわたって高い性能を発揮できる入れ歯をご提供しております。そんな当院の入れ歯へのこだわりや、設計のポイントなどをご紹介します。

快適な入れ歯を追求

当院の入れ歯は、患者様一人ひとりの噛み合わせまで考慮して製作されています。口腔内の状態は患者様によって個人差が大きく、歯の大きさも顎の形も、食事の際の噛み方も異なるため、一人ひとりの患者様により質の高い入れ歯をご提供するには、材料にも治療法にもこだわる必要があります。

入れ歯は、歯の機能を取り戻すためだけでなく、患者様が健康に過ごしていくために必要な「体の一部」。この値段を安くすることで健康的な生活が送れなくなってしまっては、本末転倒です。

快適な入れ歯の条件とは

保険の入れ歯は材料に制限があるため、機能性の高い入れ歯を製作するのは難しく、逆に、どんなによい材料を使ったとしても、入れ歯づくりの理論や経験・技術が乏しければ、よい入れ歯はつくれません。快適な入れ歯は、よい材料と入れ歯づくりの理論や経験、技術の両面が揃ってこそ生まれるのです。

当院では材料を厳選して、下記の点に気を付けながら入れ歯を製作しています。

  • 患者様の口腔内環境の把握
  • 立体的かつ正確な型取り
  • 顔や全身のバランス
  • 実際の噛み合わせの考慮

理想の入れ歯を手に入れるために

入れ歯にとって重要なことは、しっかり噛めることだけではありません。どんなにしっかり噛めたとしても、残っている他の歯や歯茎を痛め、それが原因で健康だった歯まで失うことになってしまったら、それこそ入れ歯の意味がありません。

入れ歯設計のポイント

残っている歯や歯茎を健康に保てる入れ歯をつくるには、一人ひとりの患者様の口腔内に合わせた設計が重要です。どんなに質の高い材料を使用しても、設計が間違っていては快適に使える入れ歯はできません。当院では、噛み合わせを考慮しながら、以下のようなポイントをもとに入れ歯の設計を行っています。

歯科医師と患者様との連携

入れ歯の性能は製作する歯科医師の技術や経験によって大きな差が出ます。また、入れ歯は製作して終わりというものではなく、その後の使用法やメインテナンスによっても性能に差が出てきます。歯科医師と患者様とがお互いに信頼し合いながら協力することで、より高い性能を長期間にわたって発揮することができるのです。

ページの上部へ戻る