• HOME
  • 入れ歯名人の特徴
  • 治療費用
  • 院長紹介
  • 医院概要・アクセス

健康のための入れ歯治療

噛むことと健康の関係性

噛むことと健康には、どのような関係があるかご存知でしょうか。しっかり噛めなくても生命を維持するための栄養やエネルギーを摂取することはできますが、しっかり噛めないと体全体の調子を整えたり健康を保ったりすることは難しくなります。以下では、健康には欠かせない「噛む」という行為についてご説明します。

噛むことの大切さ

歯は、食事のときに食べ物を噛み砕くだけではなく、発音を助け、顔の形を整えるという役割も担っています。歯が健康なときは気付きにくいのですが、歯を失ってしまったときに生じる問題は食事の不自由だけでは済まないのです。

たとえば、自分で噛んで食事をすることができなくなったお年寄りは、脳の老化が急激に進行することが知られています。つまり、噛むということは脳の働きにも大きな影響を与えているということ。噛む機能が失われると、当然ながら脳の働きも衰えてしまうのです。

歯の喪失によって発生する様々な問題に対処するためには、失ってしまった「噛む機能」を取り戻すことができる、自分にぴったり合う入れ歯が必要不可欠なのです。

噛むことのメリット

食事の際に当たり前のように行っている「噛む」という行為は、体全体の調子を整え健康を保つための役割も担っています。噛むことによる健康面のメリットは、以下のように様々です。歯を失ってしまった場合は、全身の健康への影響を考えて、入れ歯のご使用をおすすめいたします。

歯並びがよくなる

特に発育途中の子どもに言えることですが、よく噛むことは顎の発達を助けます。顎が成長することで歯が生えるためのスペースが生まれ、結果、よい歯並びにつながります。

姿勢が正しくなる

噛むという行為には、顎の筋肉だけではなく全身の筋肉が使われます。しっかりと噛むことで全身の筋肉が鍛えられ、正しい姿勢を保つことができるようになります。

消化・吸収がよくなる

しっかり噛むことで食べ物がすり潰され、消化・吸収されやすくなります。胃腸に負担がかからないため、消化器官を健康に保つことができます。

虫歯・歯周病を予防できる

噛むことで、口の中を抗菌・殺菌する作用を持つ唾液がよく出るようになります。唾液は食物中の酸を中和し、さらに口腔内で繁殖する虫歯菌や歯周病菌を殺菌します。

肥満を予防できる

しっかりと噛むことで食べ物の消化・吸収が促され、満腹感を得られるため、食べ過ぎを防止できます。

必要なのは「健康につながる入れ歯」

失ってしまった歯の機能を補う方法のひとつに入れ歯がありますが、どんな入れ歯でもよいというわけではありません。しっかりと噛むことができる、ぴったり合った入れ歯を入れる必要があるのです。

しっかり噛むことができないと、歯並び・噛み合わせや姿勢を正しく保てなくなる、食べ物の消化吸収が悪くなり胃腸に負担がかかる、虫歯や歯周病を予防する唾液が出にくくなる、食事の際に満腹感が得られず食べ過ぎる、顎関節症を引き起こすなどといった悪影響が及ぶリスクがあります。

よく噛める入れ歯で三度の食事をおいしく食べて、できる限り病気にならないこと、しっかりと噛むことで、身体、気力、体力、知力を強くすることが大切です。ぜひご自分に合った「健康につながる入れ歯」をお求めください。健康につながる入れ歯とはどういった入れ歯なのかについては、「入れ歯の素晴らしさ」で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ページの上部へ戻る