• HOME
  • 入れ歯名人の特徴
  • 治療費用
  • 院長紹介
  • 医院概要・アクセス

患者様からの入れ歯相談

入れ歯に関するQ&A

当院に寄せられたご相談の内容と、それに対する回答をご紹介します。入れ歯についてお悩みの方、ご家族が入れ歯でお悩みの方のご参考になれば幸いです。

右下の奥歯を失ったため入れ歯をつくったのですが、違和感が大きく、すぐに外れるため困っています。インプラントも考えましたが、費用と手術に抵抗があり、何とか入れ歯で対応できないものかと考えています。自費の入れ歯の場合、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

ぜひ一度ご来院いただき、当院の治療方針をご説明させていただけたらと思います。入れ歯やインプラントではない治療で対応できる可能性があるかもしれません。もし入れ歯になるとしても、なぜ最近つくられた入れ歯に不具合が生じるのか、しっかりと説明させていただきます。

よい入れ歯をつくるためには、入れ歯づくりに必要な被せ物や残っている歯の形などの改善が必要な場合があります。歯科医師には、それをきちんと診断する力が必要です。また、入れ歯そのものも数種類ありますから、その説明も必要です。

このように、自費の入れ歯というのはただ入れ歯をつくる費用だけでなく、つくる前の診断や豊富な経験、優れた設計なども含めての料金であるということをご理解いただけたらと思います。そうは言っても、インプラント1~2本分と考えていただければ、決して高くはないことはご理解いただけるはずです。

「入れ歯づくりこそ、我が命」という信念のもと、当院でつくられた入れ歯は、将来的にどの歯が抜けても数十年使用できる材料を使用していますので、長い間快適にお使いいただけます。患者様にぴったり合った入れ歯をおつくりしますので、数十年つくり直す必要がありません。優良な入れ歯をご提供しますので、合わない入れ歯を何度もつくり直すより経済的なのです。

具体的な金額につきましては、まず患者様の口腔内の診断をさせていただき、責任を持って入れ歯をおつくりできると確信できた段階で、直接お伝えしております。ぜひご来院のうえご相談ください。なお、ご来院をご希望の場合には、あらかじめお電話にてご予約をお願いいたします。

ホームページを拝見し、入れ歯づくりに力を入れていらっしゃることも、保険内の入れ歯はよくないことも理解できましたが、とにかく予算がありません。67歳になる私の父が、現在ほとんどの歯がない状態で生活しているのですが、そちらで保険内の入れ歯をつくっていただくことは可能でしょうか?

基本的に患者様のご予算に合わせて入れ歯を製作しております。診断をさせていただきますので、あらかじめお電話にてご予約いただいたうえで、ぜひ一度、ご来院ください。

70歳になる私の母親は、現在使用している入れ歯が合わず、食事もままならない状態です。残っている歯は下の前歯3本程度です。よい入れ歯をつくってやりたいのですが、通常自費で入れ歯をつくっていただくと、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

自費の入れ歯の費用について、メールでのお問い合わせを多くいただきますが、まずは、ご本人様のお口や顎の状態、現在の入れ歯の状況などを精査させていただき、お引き受けできるかどうかを診察させていただいたうえで、責任を持って入れ歯をおつくりできると確信できた段階で、患者様に直接お伝えしております。入れ歯が快適になるためには、唾液の量やご本人様の体力、体質および噛み癖など、多くの状況をきちんと把握させていただくことが必要不可欠なのです。

場合によっては、はじめにパイロットデンチャー(治療用入れ歯)をつくり、それが安定してはじめて、本格的な入れ歯へ移行せざるを得ない症例もあります。入れ歯の素材や技術料などの説明もさせていただきたいと思いますので、一度、ご本人様とご一緒にご来院ください。

いずれにしても、決して払えないような高額な費用ではありませんのでご安心ください。例えば、インプラントは500~1,000万程必要になると思われますが、入れ歯なら5分の1~10分の1程度ですみます。お身体に安全で、極めて長く安心して使っていただける入れ歯を、責任を持っておつくりします。

糖尿病を患っている76歳になる父の入れ歯について相談させていただきます。糖尿病や歯周病のせいか歯茎が弱っているようで、入れ歯がなかなか合わず、痛くて物が食べられない状態です。合わない入れ歯のせいか、顔立ちも変わってしまったように思います。旅行に誘っても、食べられないとの理由で行かなくなり、健康面でかなり心配しています。本人も今の状況がこの先も続くのかと、ほぼあきらめ状態になっています、どうにか楽しく食事ができるようになればと願っているのですが、現状よりよくなる可能性はありますでしょうか? その場合、保険適用外でしたら費用はどのくらいかかるものでしょうか?

噛めるようにするためには、「インプラント」か「入れ歯」しかないのが事実です。お父様の状況から考えて、インプラントは無理だと思われます。ぜひ一度、ご本人様とご一緒にご来院ください。責任を持ってよく噛める入れ歯をおつくりできるかどうか、入れ歯づくりの前にきちんと口腔内を診察させていただき、検査・診断させていただけたらと思います。特に口腔内の唾液の量や舌の大きさなどは、よほどの入れ歯づくりの専門医でないと気付かない点ですが、当院ではそのような情報も逃さず診断に活かしております。

診断の結果、すぐに入れ歯づくりが難しいという場合には、パイロットデンチャーをつくり、次いで本格的な入れ歯をつくるという2段階方式で対応しております。

すべて保険でというのは難しいかと思いますが、自費の入れ歯でも決して払えないような高額な費用ではありません。ぴったりと合う入れ歯をつくるために通院されることが、お父様の気力、体力の回復にもつながるかと思います。

ページの上部へ戻る